ポレポレツアー2016~秋~ in 愛知 トークライブ&アフリカンパーカッションライブ | ポレポレツアー2016~秋~ in 愛知 トークライブ&アフリカンパーカッションライブ – 岡崎・西尾 ベリーダンス&ヨガ AUJASbodyworks

岡崎・西尾 ベリーダンス&ヨガ オージャスボディワークス

早川千晶大西匡哉愛知

ポレポレツアー2016~秋~ in 愛知 トークライブ&アフリカンパーカッションライブ

ケニアより孤児達を救うマゴソスクールを運営する早川千晶さん、ケニア伝統太鼓「ンゴマ」奏者の大西匡哉さんを迎えライブ&トークライブを行います!
貴重なお話にパワー溢れるライブ!!

アフリカンなお食事もご用意いたします。ぜひお越しくださ〜い♪

 

ポレポレツアー2016~秋~ in 愛知
トークライブ&アフリカンパーカッションライブ

14469147_1022249034540696_977698262_n

●日時:
2016年10月28日(金)

18:00 オープン
19:30 ライブ&トークライブ
21:30 終了予定

●料金:
前売券  2,000円
当日券  2,500円
1ドリンク付
当日のみ限定フードメニューもあります!

未就学児 無料
小学生 1000円(1ドリンク付き)

●場所:
Islands cafe KaKai(アイランズカフェ カカイ)
愛知県豊明市二村台2丁目19-19
0562-95-0991
http://www.cultureislands.com/islands-cafe-kakai/

●出演:
早川千晶(ケニア在住28年キベラスラムで孤児救済)
大西匡哉(ケニアのドゥルマ民族のタイコ奏者)

 

 

14348956_1125401074196597_520504617_n-2

★早川千晶(はやかわ・ちあき)
ケニア在住28年。キベラスラムのマゴソスクール主宰。世界放浪の旅の後ケニアに定住。
ナイロビ最大級のスラム・キベラで、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺・マゴソスクール、海岸地方ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を運営している。
スラム住民の生活向上、マサイ民族のコミュニティと共に行うエコツアー、大自然体験キャンプ、フェアトレード活動、CD制作などを手がけている。
著書に、「アフリカ日和」(旅行人)。 1999年から日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを展開している。

マゴソスクールを支える会 http://magoso.jp/

 

大西匡哉

★大西匡哉 (おおにし・まさや)
ケニア伝統太鼓「ンゴマ」奏者。映像作家。 9年間に渡るケニア音楽修行を終え2013年帰国。
ストリートミュージシャン、ジャムロックバンド「らぞく」、打楽器グループ「楽」「ブルケンゲ」で活躍、
その後、2004年からケニアのミジケンダ・グループに属するドゥルマ民族の村で伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、センゲーニャと呼ばれる伝統音楽の修行を続け、20人目の息子となった。
2004年、アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。
知られざる伝統音楽の発掘、CD制作、音楽を通じての村おこしに取り組んでいる。
CD「センゲーニャ~東アフリカの伝統音楽 ドゥルマ・ディゴ・ラバイ」,「TWENDE NYUMBANI~キベラスラムの歌声 Vol.1」,
「MILELE~キベラスラムの歌声 Vol.2」,「Tupendane~アイシアオウ!」,「MASAI~東アフリカの伝統音楽 マサイ」をリリース。
早川千晶とマゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」、ドキュメンタリー「マサイのいま~伝統と変化のはざまで」を制作中。

 

早川千晶

●キベラスラムとマゴソスクールについて●
ケニアにキベラスラムという東アフリカ最大のスラム街があります。
地方での生活が困難になった貧困者が、出稼ぎにきて住み着いた貧しい町です。
人口100万人ともそれ以上とも言われるこのスラム街の住民は、約半数以上が子どもです。
貧困者の命は短く、貧しさゆえに働き続け、病気になっても満足に医療を受ける機会もない低賃金労働者たちは病に倒れ、30代、40代で多くの人々が亡くなっていきます。そしてスラムに取り残される孤児が増え続けています。
そんな孤児の子どもたちや、生きる場や家族を失った浮浪児、周辺の貧しい大人に売られていって労働させられていた子どもたちを救済する寺子屋「マゴソスクール」があります。ここは、スラム住民で自らも孤児であったリリアン・ワガラが孤児を20名引き取り、1999年にはじめた学校です。そこにケニア在住日本人の早川千晶が手をつなぎ、今では600名を超える大家族になっています。
貧しさのどん底の、生と死のギリギリの境界線で、生きることを願い希望を失わずに生き抜いてきた子どもたちと、その仲間たちの物語。
いまこのスラム街で起きていること。未来への想い。映像を交えて早川千晶が語ります。

【予約・お問い合わせ】

AUJASbodyworks(REIKO)
info@aujas-land.com
080-5128-0483

facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/188705914885437/?active_tab=highlights

14348940_1125401447529893_2081437714_n 14341609_1125401070863264_1585993398_n   14349142_1125401450863226_1360872559_n 14371775_1125401064196598_1875712874_n